2004年 06月 06日 ( 1 )

CD不買運動の是非

「著作権法の一部を改正する法律案」成立後の各サイト、特に一部blogに、やや混沌とした気配を感じます。修正案否決という挫折・敗北・失望感から抜け出せぬまま、怒りの矛先をレコード会社に向けCD不買運動に走る向きもあるようです。混沌とする原因には「次のフェーズで我々ができること、すべきこと」を見いだしにくいせいもあるのかもしれませんが、拙者は、少なくとも年内はCD買いますよ。せっせと買います(CCCD除く)。

CD輸入権設定に反対する理由には「輸入盤規制はけしからん」だけでなく、「レコード会社の保護に重きが置かれ、運用次第では作家/アーティスト個人に不利益をもたらす可能性がある」というのもあったはずですが、だとしたらなおさら、次なるアクションがレコード会社よりも作家/アーティスト個人・小売店が大ダメージを受けるCD不買へ結びつくことに論理矛盾を感じるのです。少し前、音楽配信メモさんのBBSにあったCD不買を促す書き込みに対し、

コアな音楽ファンが月10枚の輸入盤を買わなくなっても
小売りを困らせるだけで、国内レコ社に打撃は与えられないのでは?
私は逆に、(最悪の事態を想定して)来年以降CDを買わなくても済むよう、
年内に輸入盤を買いまくっておくのも手かなと思ってます。


とreplyしたところ、別の方から

…来年以降に取る態度が696よりひどいのでは?
(※696=最初にあったCD不買を促す書き込み)

という反応がありました。拙者の書き込みの意図するところは「来年以降は不買だ!」ではなく、「輸入盤が入ってこなくなったときのために、今のうちに買っておこう」だったのですが、「来年以降CDを買わなくて済むよう」との記述が誤解を招いたのでしょうね。

結論から言えば、作家/アーティスト個人が被害を受けるCD不買運動には賛同しかねます。特に輸入盤の不買は日本のレコード会社にダメージを与えるとは考えにくく、逆に「輸入盤需要が低下した」という誤認を生じさせることになります。また、その過程でHMV、amazon、Tower等の小売店に壊滅的なダメージを与えたとしたら、今度は音楽ファンが自分で自分の首を絞める結果となります。

もし不買運動を起こすなら、来年からでも、実際に輸入盤が止まってからでも遅くない。この場合むしろ不買の原因がハッキリしますから、現時点で不買運動を起こすより効果的ではないでしょうか。拙者としては、今はただ、高橋健太郎さんと文化庁との交渉の進展を冷静に見守りたいと思っています。方向性を見誤った抗議行動が、交渉に水を差すことも考えられますし。ただし、再生保証外CD(CCCD)はCD-DA規格を逸脱した、工業製品として明らかに瑕疵のある商品です。万一再生できなかった場合も返品不可ですので恐くて買えません。

それにしても、抗議行動の趣旨が「CD輸入権反対!」から「音楽業界に鉄槌を!」にすり替わっていくことに危惧を覚えるというか、それはちょっと違うんじゃないかなあ、と……(音楽業界、特にレコード会社に「いい加減にしろ」と怒鳴りたい気持ちはやまやまですけど)。

この問題については、笹山登生先生のBBSでも突っ込んだ議論がなされております。「我々が次になすべきこと」に通ずるヒントも得られるかもしれません。不買以外にできることが、あるような気がします。
[PR]
by toshi-u | 2004-06-06 16:27 | レコード輸入権